Japan Hair Donation in Singapore

HAIR FOR CHILDREN - 子どもたちのために、わたしたちができること。

切った髪は寄付できます

ヘアドネーションという取り組みが、シンガポールでも活発になってきました。ヘアドネーションとは、長く伸ばした髪をカットした後、捨てるのではなく、寄付する取り組みです。

日本最大のヘアドネーション団体「NPO法人 Japan Hair Donation & Charity(JHD&C)」では、闘病などで髪が抜けてしまった子供たちのために、寄付された髪をウィッグにして、届けています。当店では、JHD&Cの取り組みに賛同し、シンガポール唯一の公式登録サロンとして、ヘアドネーションのお申し込みを受け付けております。

ウィッグにできる髪の毛の条件

  • 31センチ以上の長さがある

    ただし、31センチ以下の髪の毛も、31センチに満たない場合も、無駄になることはありません。

    ※常に不足しているのは50センチ以上の髪の毛です。
    ロングヘアのウィッグになると、50センチ以上の髪の毛が必要です。また、ロングヘアのウィッグを希望されるお子さんも多いため、50センチ以上の髪の毛が常に不足しています。ご寄付いただく長さは長ければ長いほど、喜ばれます。

  • 引っ張ると切れてしまうほどにダメージがなければ大丈夫

    パーマ、カラー、ブリーチをしていてもOK!

  • くせ毛などの髪質、年齢、性別、国籍などは問いません!

当店でのお申し込み方法

ご予約時に「ヘアドネーション希望」と大須賀に伝えて頂くだけ!

ご寄付頂いた髪の毛は、当店にて大切に保管させて頂き、一定期間毎に他のお客様の髪とご一緒に、JHD&Cに郵送致します。郵送費は当店で負担致します。

ドナーシートのご記入も不要です。お客様に必要事項を当日お聞きしつつ、当店で記入致します。
JDH&Cからドナーに送付される受領証は、JDH&Cでは海外送付での返信を取り扱っておりませんので、当店でも取扱いは遠慮させていただいております。

お客様のヘアドネーション体験 ご紹介

当店でヘアドネーションをお申し込み頂いたお客様の体験談を、一部ご紹介致します。皆様、とても素敵な想いを持って、参加されています。

※近日まとめて公開予定

ヘアドネーション特典☆お会計10%OFF☆

当店でヘアドネーションをお申し込み頂いたお客様には、お客様への敬意を込めまして、お会計を10%割引させて頂いております。ささやかではございますが、ヘアドネーションご参加へのきっかけになりましたら、幸いです。

当店のヘアドネーションへの想い

「ドネーションされるお客様と、それを必要としている子供たちの架け橋になりたい」と考え、ヘアドネーションへの取り組みを、本格的に始めました。

髪の毛によって、子供達の笑顔を増やしたい。

そしてドネーションされたお客様も、新しいヘアスタイルで、お客様を笑顔に。

沢山の笑顔をつくり、想いを届ける。

ヘアスタイリストとして、そのお手伝いができれば、と思っております。

Miho Osuga